ホーム > 統計・調査結果 > 単位、記号の解説

ここから本文です。

更新日:2012年1月23日

単位、記号の解説

清掃工場では、法令を遵守し、安全性を確認するために環境測定を行っています。
このページでは、測定結果の資料等で使用されている単位・記号の説明をしています。

mg(ミリグラム)

千分の1グラムの質量を表します。

μg(マイクログラム)

100万分の1グラムの質量を表します。

ng(ナノグラム)

10億分の1グラムの質量を表します。

pg(ピコグラム)

1兆分の1グラムの質量を表します。

1兆分の1ってどのくらい?

東京ドームに相当する体積の入れ物を水でいっぱいにした場合の重さが約1兆gです。このため、東京ドームに相当する入れ物に水を満たして角砂糖1個(1g)を溶かした場合を想定すると、その水1ccに含まれている砂糖が1pg(ピコグラム)になります。(出典:関係省庁共通パンフレット「ダイオキシン類」2009)

ppm(ピーピーエム)

「part(s) per million」の略称で100万分の1の割合を表します。

m3N(ノルマル立方メートル)

0℃、1気圧の標準状態における気体の体積を表します。N(ノルマル)は、標準状態を表す記号です。

TEQ(毒性等量)

「Toxicity Equivalency Quantity」の略称です。TEQとは、ダイオキシン類の量を最も毒性の強い2,3,7,8-四塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシンの毒性に換算して表したものです。

現在、毒性があると判断されているダイオキシン類は29種類ですが、毒性の強さはそれぞれ異なっています。

そのため、ダイオキシン類としての全体の毒性評価にあたり、2,3,7,8-四塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシンの毒性を1として他のダイオキシン類の毒性の強さを換算した係数が用いられています。

ダイオキシン類濃度のTEQ換算は、個々のダイオキシン類濃度にそれぞれの毒性を乗じた値を足し合わせて表わしています。

例えば、「1ng-TEQ/m3N」ってどういう意味?

0℃、1気圧の標準状態の排ガス1立方メートル中に、最も毒性の強い物質(2,3,7,8-四塩化ダイオキシン)ならば1ngに相当する毒性のダイオキシン類が測定されるという意味です。

お問い合わせ

施設管理部技術課環境対策係

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋三丁目5番1号東京区政会館13階

電話番号:03-6238-0765

ファクス:03-6238-0780