ここから本文です。

更新日:2016年5月31日

インドネシア共和国(国際協力事業の国別取組)

英語版(For English,Please click here to jump)

3R・適正処理の二国間協力に関する調査検討業務

ジャカルタでは急激な都市化に伴い増え続けるごみの処理が問題になっており、東京のごみ処理に関する経験と知見を共有したいとの要望が寄せられています。そのため、清掃一組はジャカルタと平成25年度(2013年度)から現地でのワークショップの開催や、東京での研修員の受入れなど交流事業に取り組んできました。平成27年度(2015年度)は環境省の調査業務において、ワークショップや政策協議を通して協力したほか、ジャカルタ州政府職員を日本での研修に招聘しました。
平成28年(2016年)2月には、ジャカルタと清掃一組との間で基本合意書を締結しました。締結内容は、「廃棄物処理を推進していくにあたっての課題を共有し、互いに持つ知見について情報交換の必要性を認識した。」、「将来の技術協力を目指して、廃棄物管理に関連する人的交流の実現に向けて努める。」というものです。


ジャカルタでの政策協議会の様子(平成27年11月)


政策協議会での清掃一組の発表(平成27年11月)

 英語版(English)

Development of collaborative promotion of 3R between Private and Public Sectors in Jakarta

In Jakarta the increasing volume of waste due to explosive urbanization has become a serious issue, and there is a request for Tokyo to share our experiences and knowledge on solid waste disposal. In response, CAT 23 held a workshop in Jakarta in 2013, and also we have hosted a training in Tokyo. In 2015 as part of Ministry of the Environment survey, we have cooperated in sponsoring workshops and policy consultations by inviting officials from the Jakarta Capital City Government.
In February of 2016 Jakarta Capital City Government and CAT23 signed a Letter of Intent. LOI covers 1) The two parties recognize and note that both need to share issues in promoting municipal solid waste management, and to exchange information on knowledge possessed by each party. 2) The two parties to make effort to realize human resources exchange related to municipal solid waste management, in view of technical cooperation in the future.


Policy Discussions Meeting in Jakarta (November 2015)


Presentation by CAT23 at Policy Discussions Meeting(November 2015)

お問い合わせ

清掃事業国際協力室

電話番号:03-6238-0572

ファクス:03-6238-0580