ここから本文です。

更新日:2016年5月31日

ロシア連邦(国際協力事業の国別取組)

英語版(For English,Please click here to jump)

環境省「循環産業海外展開事業化促進事業」ロシア連邦・モスクワ圏への協力

ロシア連邦・モスクワ市では、1日に約3~4万トンの廃棄物が発生しています。主な処理方法は埋立てですが、モスクワ市内には最終処分場を新設できず、また、近郊のモスクワ州にも新たな候補地をみつけられない状況です。さらに、モスクワ市内に焼却施設はありますが、1日の廃棄物発生量に対して圧倒的に不足し、且つ老朽化しているため、新たな処理方法を検討しています。

清掃一組は平成26年度(2014年度)から、環境省の「循環産業海外展開事業化促進事業」における調査事業に協力し、モスクワ市・モスクワ州に対して東京モデルの説明をとおして東京の清掃事業の歴史や仕組み、住民合意形成活動等の説明を行いました。この調査事業の中で、東京モデルへの関心が高まりました。


モスクワ市での東京モデル説明の様子(平成26年9月)


モスクワ市の埋立処分場の様子(平成26年9月)

モスクワ・モデル協議会への参加

平成25年(2013年)12月、清掃一組は日露都市環境協議会に参画しました。また、協議会活動の延長で、平成27年(2015年)3月に日露都市環境セミナーを開催しました。
これらの活動を通して平成27年(2015年)6月、日露都市環境問題作業部会の実務者会合が開催され、「東京モデル」を参考にしてモスクワのごみ処理を改善するために、モスクワ・モデル構築のための「モスクワ・モデル協議会」設置が合意されました。
[モスクワ・モデル協議会の構成メンバー]
(日本側)国土交通省、環境省、民間企業等、清掃一組
(ロシア側)建設・住宅公営事業省、天然資源・環境省、エネルギー省、民間企業等、モスクワ市政府、モスクワ州政府

日露都市環境問題作業部会とは、ロシア連邦における廃棄物処理施設の整備など急務とされる都市環境問題を解決するため、平成25年(2013年)4月から日露間で議論が開始されたものです。


日露都市環境セミナーでの講演(平成27年3月)


日露都市環境問題作業部会の様子(平成27年6月)

「東京二十三区清掃一部事務組合とロシア連邦モスクワ市間の廃棄物処理における協力に関する基本合意書」締結

上記のモスクワ・モデル協議会での協議を進める中、清掃一組とモスクワ市は、廃棄物処理における相互協力に関する共通理解に到達し、平成27年(2015年)10月に「東京二十三区清掃一部事務組合とロシア連邦モスクワ市間の廃棄物処理における協力に関する基本合意書」を締結しました。
締結内容としては、「両者は、廃棄物処理を推進していくにあたっての課題を共有し、互いに持つ技術・知見について情報交換の必要性を認識した。」、「両者は、将来の技術協力を目指して、廃棄物管理に関連する人的交流の実現に向けて努める。」というものです。


練馬清掃工場での基本合意書調印の様子(平成27年10月)

 

 

 英語版(English)

Cooperation initiative by Ministry of the Environment "Overseas development and commercialization promotion of the circular/recycle industry" Russian Federation/Moscow area

In Russian Federation/Moscow area 30 to 40,000 tons of waste is discharged per day. Main disposal process is to dump at landfill site. They are unable to build a final disposal site within the Moscow City and are also unable to nominate a new candidate land. Furthermore, Moscow has one incineration plant, but the facility does not have enough capacity to process the all the waste discharged each day. Also the facility is becoming old therefore, Moscow is looking for a new solution to dispose their waste.

Since 2014, CAT23 had cooperted with MoE's "Overseas development and commercialization promotion of the circular/recycle industry" project with Moscow City and Moscow Province.  Through lectures on "Tokyo Model" shared Tokyo's waste management history, process, and consensus building with the residents.  As part of the FS project, the awareness towards Tokyo Model increased.


Sharing "Tokyo Model" in Moscow City(September 2014)


Final Landfill Site in Moscow City(September 2014)

Participation in the Moscow Model Council

CAT23 participated in the Japan/Russia City Environment Council in December of 2013.  As a continuation of the council activity, held a Japan/Russia Environmental Seminar in March of 2015.
Through these activities, "Moscow Model Council" was agreed upon and established in June of 2015.  This council will refer to "Tokyo Model" to improve Moscow's waste disposal situation.
<Moscow Model Council Members>
Japan: Ministry of Land, Infrastructure and Transport; Ministry of the Environment; Private Companies; Clean Authority of TOKYO
Russia: Ministry of Construction, Housing and Utilities; Ministry of Natural Resources and Environmental Protection; Ministry of Energy; Private Companies, Federal City of Moscow, Government of Moscow Province

Japan-Russian Environmental Issues Task Force will tackle the city environmental issues that require urgent solutions.  In April of 2014, the task force between Japan and Russia began discussions relating to solid waste treatment facilities in Russian Federation


Lecture at the Japan-Russia City Environmental Seminar (March 2015)


Japan-Russia City Environmental Issues Taskforce Meeting (June 2015)

MOU covering the cooperation agreement on waste disposal treatment between CAT23 and Moscow City, Russian Federation

Through the Moscow Model Council Meetings, CAT23 and City of Moscow has reached mutual agreement for the need to cooperate in regards to solid waste management.  In October of 2015 CAT23 and City of Moscow, Russian Federation signed a Letter of Intent to cooperate in solid waste disposal.
The LOI covers "The two parties recognize and note that both need to share issues in promoting municipal solid waste management, and to exchange information on knowledge possessed by each party."  2) "The two parties to make effort to realize human resources exchange related to municipal solid waste management, in view of technical cooperation in the future."


Signing of Letter of Intent at Nerima Incineration Plant (October 2015)

 

 

お問い合わせ

清掃事業国際協力室

電話番号:03-6238-0572

ファクス:03-6238-0580