ホーム > 東京23区のごみ処理を知ろう! > 可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみの処理 > 不燃ごみの処理 > 不燃ごみ・粗大ごみの中間処理過程で生まれる資源

ここから本文です。

更新日:2018年2月13日

不燃ごみ・粗大ごみの中間処理過程で生まれる資源

写真(粗大ごみ処理施設)
鉄分貯留ヤード(中防不燃ごみ処理センター)

中防不燃ごみ処理センターと京浜島不燃ごみ処理センターでは、破砕した不燃ごみから鉄・アルミニウムを、粗大ごみ破砕処理施設では、破砕した粗大ごみから鉄を資源として回収します。

しかし、選別機を用いて回収できる鉄やアルミニウムは、実際に不燃ごみに含まれている金属量の一部に過ぎません。資源となる鉄やアルミニウムなどは、ごみではなく、分別して資源回収に出すことが大切です。

平成28年度資源回収実績

(単位=トン)

 

中防不燃ごみ処理センター

京浜島不燃ごみ処理センター

粗大ごみ破砕処理施設

ごみ搬入量

52,032

16,626

72,021

鉄回収量

5,563(10.7%)

3,184(19.2%)

10,958(15.2%)

アルミニウム回収量

853(1.6%)

301(1.8%)

-

( )内はごみ搬入量に対する回収率

 

お問い合わせ

総務部総務課広報・人権係

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋三丁目5番1号東京区政会館14階

電話番号:03-6238-0613

ファクス:03-6238-0620